2017年2月15日水曜日

集中講義「古典芸能と現代」(落語講座)

2月13~15日、東京キャンパスにて林家正蔵客員教授の集中講義「古典芸能と現代」が開講されました。国際文化学科生のほか、各学部からの受講者も集まり、正蔵師匠始め諸先生方から落語と関連芸能について講義、実演、映像等で学びました。留学生にとっては異文化、多くの日本人学生にとっても普段はなじみのない世界ですが、落語や関連芸能について実地に接する貴重な機会でした。

鈴々舎馬桜師匠の講義

たった3日の集中講義で落語の面白さ、技の凄さがすぐわかるようになるはずもありませんが、ともかく「ホンモノ」に接すること、いいモノをたくさん見て、たくさん経験すること、その出発点になればと思います。ホンモノをたくさん経験して「眼」を養えば、スマホの画面で世界を知った気になるようなことは、とてもできなくなるでしょう。

2017年2月7日火曜日

韓国留学報告(鎌田)

授業について

冬学期の中間テストも無事に終わりあっという間に終盤に突入して来週には期末テストがあり少しずつ焦りが出てきました。中間テストでは말하기の点数が少し悪かったので期末テストではいい点数を取るために普段の授業での発表など前より積極的に発言することや、クラスの友達と話す機会を大切にするようにしています。

また、先週に学校内で韓国語を教える先生になるための人達の練習発表みたいなのがありそれに参加して来ました。まだ、先生ではないのに教え方がとても丁寧でわかりやすく知らなかった文法も学ぶことが出来てとても意味のある時間だったと感じて参加して良かったと思いました。

キャンパスクラスについて

3月から始まる授業では、한국현대사という授業を申請しました。また、한국인의삶과문화という授業も申請する予定で考えています。

寮について

寮については、問題なく過ごしています。

(国際文化学科2年、鎌田、韓国外国語大学に留学中)

2017年2月3日金曜日

韓国留学報告(岡田)

 仁川大学に留学しているyamatoです。
仁川では最近、マイナスの気温が続いてとても寒いです。ずっと寒いため、道路の雪も解けず、ずっと凍っていて、すぐ転んでしまいそうなほど危ない日が続きます。マイナスでも、風がなければあったかいと思うくらい、気温に対しての感じ方が変わってきました。
 今、春休み中で大学の授業がないため、語学堂に通っています。語学堂のクラスは、ほとんど中国人で、そのほかにイラン、タイ、ウズベキスタン、ロシア人がいます。ですが、みんな韓国語を使って会話をしているので、会話ができないということは なく、仲良く一緒に過ごしています。
 語学堂は、朝9時から13時まで授業があり、起きるのがとてもつらいですが、文法をしっかり学ぶことができ、日々韓国語の上達を感じられます。
 午後からは韓国人の先輩と一緒にお互いの言語を勉強していて、ほぼ1日韓国語を使う生活になっており、とても充実しています。
 あと4か月残っています。今は、日本食が恋しくなり、少し帰りたいという気持ちもありますが、
悔いのないように、勉強して、遊びたいと思います!
 最後に語学堂の文化体験でいったロッテワールドの写真を載せておきます!


(国際文化学科2年、岡田、仁川大学に留学中)

2017年1月11日水曜日

韓国留学報告(岡田、12月)

仁川では本格的に冬に入り、夜になるともうマイナス何度の気温になります。 日本のコートでは、寒いので、登山用のコートを買い生活しています。

授業では3つ発表を行い、今は期末テスト期間に入っています。 韓国の学生たちは発表に対して、熱心に質問をし、そこが日本の学生と違うとこ ろだと痛感しています。

また仁川大学では、学科での集まり事が多くあり、会食も多くあります。教授も参加するので、教授たちと一緒に食事をしたり、お酒を飲む機会が多くあり、そこも日本の大学との大きな違いと感じています。学科の集まりを行うことで、先輩と後輩たちの関係がよく、良いことだと感じています。

私も日本に帰ったら、学科の集まりなどを企画し、1年生から4年生の関係を深めることができたらいいなと感じています。

(国際文化学科2年、岡田、仁川大学に留学中)

2017年1月6日金曜日

韓国留学報告(鎌田)


授業について

冬学期が始まり、新しいクラスで授業を受け始めて3週間ぐらい経ち少しずつ今のクラスも慣れてきました。今、受けているクラスは書き、読み、聞き取りは難しくないのですが文法を使って話すことが少し難しいなと感じるところがあり苦労しています。一言ではなく長く長く話そうと言うのが今の目標なのですが難しいところもあり大変だと感じています。ですが、学んでいることは全て会話する中でとても重要な文法なのでしっかり学びたいと思っています。今週は、中間発表があり、とても苦労しましたが何とか終えて一段落ついていますが来週には中間テストがあるので頑張りたいと思います。欠席遅刻もせずに毎日楽しく学校に通っています。

ホームステイ・寮について

秋学期に一緒に住んでいた人が卒業してしまったので冬学期からまた新しい人が入ってきました。韓国人でとても優しい人なのですが釜山出身なのでたまに方言が入り話すのも早くて難しいですが韓国人と話せる事がとても嬉しくて勉強になりとてもいい生活を送っています。

(国際文化学科2年、鎌田、韓国外国語大学に留学中)

2016年12月31日土曜日

韓国留学報告(大倉)


授業について

 語学堂は一学期が終わり、12月の5日から冬学期が始まりました。無事4級に進級することができ、クラスも変わりました。まだまだ始まったばかりで、新しいクラスメイトと親しくなることや、難しくなるであろう韓国語の授業についていくために、残りの一学期も一生懸命頑張って勉強をし、交流もし、少しでも実力をあげられるように頑張っていきたいと思います。そしてこの学期で短い留学生生活も終わってしまうので悔いの残らないように過ごしていけたらいいなと思います。

キャンパスクラスについて

 korean Language & Society-Intermediateの授業は、残すところ最後の期末テストだけになりました。 この授業はなかなか難しく5級の授業なので、3級だった私にはまだまだレベルが追い付いていないと感じる部分もありましたが、学ぶこともたくさんありました。まだあまり習ったことのない四字熟語や日本にもある同じ意味のことわざのようなものもあり楽しかったです。なので授業を取ってよかったと思いました。交換留学生として最後の大学の試験、おそらくとても難しいと思いますが、しっかり復習して悔いなく試験を受けることができたらいいなと思います。

ホームステイ・寮について

 今回留学期間を変更したことで、冬学期の寮の申請を改めてしました。西江大学の寮に住んでまだ4か月もたたない今ですがとても居心地がよく快適に過ごせているのであと一学期しかいられないと思うと少し寂しい気がします。最近では各階ロビーにひとつずつ電子レンジが配置されました。よく使う私にとってはとても便利でますます快適になったなと感じます。

その他

 最近の韓国はとても寒く、時々日本が恋しくなる時もあります。しかし、留学に来て親しくなれた外国の友達たちや、韓国人の友達たちとたくさん交流し、楽しく過ごせています。留学生活がもう半分を切ったと思うと時間がたつのがとても速いなと感じます。残りの生活も悔いの残らぬようたくさん経験していきたいと思います。

(国際文化学科2年、大倉、西江大学に留学中)

2016年12月14日水曜日

アメリカ文化 ジャズの講義と実演

12月13日(火)の「アメリカ文化概論」の授業に、ジャズ奏者(フルート)の関寛子氏が講義をしてくださいました。

ジャズの講義と実演をしてくださった関先生


内容はビッグバンド以後、今日までのジャズの変遷です。ジャズがどう発展してきたかを主要な 演奏者の音源を使って、丁寧に説明してくださいました。

また、最後には日本の歌「ふるさと」を即興で変奏演奏し、時節柄「赤鼻のトナカイ」のメロディも この中に入れるという実演をしてくださいました。

生の音に接して受講生には有意義な時間となりました。